« 釧路の夏 | トップページ | ナンバンギセル 2018.8.31 »

三ツ峠 2018.8.26

谷川か平標山に行きたいと思ったが、天気があまり良くなさそう。他の山の予報をチェックしたら、三ツ峠がよさそうということで、今年3回目の三ツ峠に行ってきました。レンゲショウマを期待したのですが。天気が良くて、富士山や南アルプスなどの展望が楽しめました。
P8260058 P8260067 P8260071 P8260072

〇 三ツ峠 2018.8.26(日) 晴

 三つ峠駅(6:45)-神鈴の滝(7:45)-達磨石・登山口(8:05815)-股のぞき(8:55)-八十八大師(9:5010:00)-屏風岩(10:30)-開運山(10:5511:10)-御巣鷹山(11:35)―茶臼山(12:25)-鉄塔(12:5012:55)-清八山(13:30)-車道・登山口(14:1014:20)-変電所(14:30)-R20(15:00)-笹子駅(15:20)

 最寄り駅近くの温度計は、25℃を示していた。熱帯夜だったようだ。電車が川の近くを通ったときに外を見ると、川面を霧が覆っていてちょっと良い感じの眺めだった。富士急行線の電車の窓からは、富士山がかなりクリアーに見えて、今日は展望が期待できそう。大月駅で電車が出るまでに時間があり、その間にストレッチを済ませたので、三つ峠駅で電車を降りてすぐに歩き始めた。日曜日で登山者はそれなりにいるのかなと思ったが、自分ともう一人だけだった。こちら側から標高差1000mを登るのはかなり物好きなのかな。案内所を見落としてしまって、登山届を出し損なってしまった。山祇神社に楽しい、安全な山歩きができることを願って参拝をした。日向は暑いが日陰に入ると涼しくてホッとする。今日は気温は高いが湿度は低いのかな。葛の花が見られた。神鈴の滝では滝を前景に頂上がきれいに見えている。眺望逆さ富士のバス停を過ぎて少し行くと、達磨石のある登山口に着く。ここは日陰で涼しくて気持ちが良い。ここまで車で来たと思われる10人ほどのパーティーが登っていった。ここから山道になり、ゆっくりと上がっていく。股のぞきでは、クリアーな富士山を股の間からのぞくことができた。この先樹林帯が続き、展望がない、花も見られない、高度計の数字はなかなか増えてくれないという単調で辛い登りが続く。唯一の救いは木陰の中の山道で暑さをあまり感じないこと。八十八大師にはまだ着かないかなと、何気なく見上げると赤いちゃんちゃんこを着けた、何体かの石仏が見え、やがて八十八大師に着いた。もう少し時間がかかるかなと覚悟していたので、嬉しかった。そのことの報告と、これから楽しいそして安全な山歩きができることを願って、八十八大師さん達に手を合わせた。ここから先では花がP8260048 見られるようになる。カイフウロ、トリカブト、キバナアサギリ、テンニンソウなどの花々が続けて出てきた。さらに大きなカエル(ガマガエルかな)も出てきた。何カ所かで水が流れ落ちている。そのうちの1カ所で手に受けて口に含んでみたら、苦い味がした。何の味だろう。屏風岩では何パーティーかのクライマーが岩登りをしていた。頂上までもう少しというところで、突然足がつった。こんな時に限ってエアーサロンパスを忘れた。伸ばしたり、マッサージをしたり、なだめつ、すかしつ、だましだましなんとか開運山の頂上までたどり着いた。頂上からは、足の痛さを忘れさせてしまうような富士山、南アルプスのほぼ全山、八ヶ岳などの素晴らしい展望。ただ南アルプスの北岳の周辺に少しだけだが、雲がかかってしまっているのがちょっと残念。この時期にこんなクリアーな展望が楽しめるのは珍しいのでは。眺めを楽しんでから御巣鷹山に向かう。杖をP8260081 持ってきているので、それに頼って歩くことにした。開運山頂上のすぐ下では、トモエシオガマが咲いていた。また、レイジンソウも見られた。御巣鷹山を登り始めると又足が痛くなり出した。短い登りなので我慢して頂上へ。足の痛みが治まるのを待って下り始める。下りになると、ピタッと痛みが治まる。山を登るのは足に非常に負荷をかけているのだなと、実感した。今日の最大の期待は、このあたりに咲いているはずのレンゲショウマを見ることだったのだが、全く見られない。もうすっかり終わってしまったのかな。残念。昨年は2週間ほど前で、見頃だったのだが。花がなければ急な斜面をひたすら下るだけ。やがて茶臼山の登りにかかると、今までとは反対の足が痛み出した。ただ、同時に両方の足が痛むことはなくて、不幸中の幸い。次の木幡山は短い登りだったので、小股でゆっくりと進みなんとかクリアー。鉄塔まで一旦下り、次は約30分の清八山への登り。これはかなり辛いことになることを覚悟したが、とにかく小股でゆっくりとだましだまし登り、なんとかクリアーできた。だまされ続けてくれた足に感謝。後は笹子駅まで下るだけ。笹子から4時台の電車になるかなと思っていたが、清八峠で時間を確認すると3時台の電車に間に合いそう。下りになれと足がつることはないので、無理をしない程度でとばす。植林帯が出てきて、登山口は近いなと思ったが、ブッシュが有って非常に歩き辛く、踏み跡もわかり辛い。網が張ってあるので、網に沿って進み、登山口の車道に出た。時間に余裕がありそうなので、少し下で沢に下りて沢の水を汲んで飲んだ。冷たくておいしかった。車道をひたすら歩き、少し余裕を持って笹子駅に着き目的の電車に乗ることができた。最後まで頑張ってくれた足に大感謝。
P8260007 P8260020 P8260023 P8260025 P8260029 P8260041 P8260043 P8260049 P8260075 P8260084

|

« 釧路の夏 | トップページ | ナンバンギセル 2018.8.31 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釧路の夏 | トップページ | ナンバンギセル 2018.8.31 »