« 東高根森林公園 2018.9.8 | トップページ | 四季の森公園 2018.9.12 »

横浜水道道~相模川散策路 2018.9.9

横浜水道道周囲にある畑の、野菜の出来具合をチェックしようと、ポタリングをしてきました。いつもは、その後麻溝台公園、横浜水道の沈殿池へ行くのだが、そのコースは沈殿池に水鳥が来る頃までとっておいて、夏の終わり、秋の始まりの相模川の様子を見るために相模川散策路を走ってきました。
Dscn4918 Dscn4925

○ 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) 2018.9.9(日) 晴

 横浜水道道入り口(10:20)-R129(10:45)-せせらぎの園(11:05)-昭和橋(11:2011:40)-田名遺跡公園(11:4511:55)-望地弁財天(12:20)-相模川自然の村(13:0013:15)-小倉橋(13:3513:45)-久保沢(14:00)

今日も横浜水道道の両側の畑には、里芋やナス、ネギなどの野菜が食べてもらうのを待っている。今日は風があって、水道道では向かい風でちょっと辛い。ただ、気温は高いと思うのだが風が吹いているためなのだろう、あまり暑さを感じない。汗も殆ど出てこない。栗の木があって実が大分大Dscn4917 きくなっている。上溝バイパスの先で今までは、相模線の水が溜まっているガードを苦労してくぐったのだが、昼食を確保するために寄ったコンビニのすぐ横に踏切があるのを発見して、そちらを渡った。これからはガードを避けて踏切を渡るようにしよう。姥川、鳩川を渡った。50年近く前に仕事でこの二つの川について水質の調査をしていたことを懐かしく思い出した。その当時鳩川は比較的きれいだったが、姥川はかなり汚れていた。今日見た感じでは、姥川もかなりきれいになったようだ。下水道が普及したお陰かな。せせらぎの園で水道道を離れて、相模川の昭和橋に向かう道に入る。車が走っていない水道道から、車と一緒の道になったので、気を使って進む。途中で相模線の踏切があったが、ちょうど電車が通るところで閉まっていた。本数が少ない相模線の踏切が閉まっているのに出会うのはラッキー?しばらく行くと、無量光寺の看板が出てきたので寄ってみようかと思ったが、坂を登らないといけないようなので、敬遠してしまった。昭和橋の手前で右に曲がり、川に並行してしばらく進むと何のためなのか、四阿があってベンチも置かれていた。折角なので、相模線手前のコンビニで確保した昼食を食べた。草原(くさはら)の中にセンニンソウ が咲いていた。少し行くと田名遺跡公園がある。以前一度中に入ったことがあるが、トイレを借りようと中に入っDscn4944 た。この先自動車が入ってこない静かな、自転車を走らせるには快適な道が続く。田名望地キャンプ場への標識が出てきたので、相模川に向かって下っていく。キャンプ場の近くには、田んぼが広がっている。田んぼの中にはまだ水がある。稲刈りはまだ先かな。弁財天さんにお参りをして、河原の中の道を進む。やがて、高田橋が近づくとグランドがあって、子供達が野球をやっていた。水道道の入り口近くで、来たときの道と合流した。来るときは下り坂で楽だったが、戻るときは登りが続いて辛い。相模川自然の村へは一旦下って、その先ではその分登り返すことになる。分岐の手前までかなり迷ったが、なんとなく自然の村への下り坂には行ってしまった。ここの田んぼも、まだ稲刈りはされていなくて、子供達が作った何体もの案山子が立っていた。かわいい案山子、ユーモラスな案山子などかなり楽しめた。中洲にも案山子が立っていたような記憶があったので行ってみたが、2体立っていただけだった。相模川は、水量が多く、水が濁っている。そのためなのだろうか、釣り人が見られない。まだ鮎釣りは解禁されている期間中だと思うのだが。相模川沿いを小倉橋に向かって進むと下に紫色の花びらが落ちている。見上げるとクズの花が見られた。小倉橋でこれからの登りに備えて水分、エネルギーの補給をした。最後の登りにしばらく喘いだ。
Dscn4923 Dscn4924 Dscn4931 Dscn4959 Dscn4962 Dscn4942
お米についてのクイズ 回答できますか
Dscn4947 Dscn4948
案山子達
Dscn4952_2 Dscn4953

|

« 東高根森林公園 2018.9.8 | トップページ | 四季の森公園 2018.9.12 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東高根森林公園 2018.9.8 | トップページ | 四季の森公園 2018.9.12 »