« 城山 2018.9.24 | トップページ | 野川~多摩川 2018.10.2 »

南高尾~高尾山 2018.9.28

晴れる日がなくて、山に行けずイライラが続いていた。晴れるという予報をしていたので、この日を逃がすと次はいつ山を歩けるか。ということで、電車バスの時間を調べなくても行ける、高尾を歩いてきました。シモバシラやツリフネソウなど秋の花を楽しんできました。
P9280002 P9280058 P9280088 P9280049 P9280024

〇 南高尾~高尾山 2018.9.28(金) 晴

 都井沢(7:15)-発電所(8:00)-三沢峠(8:358:45)-ベンチP(9:25)-見晴台(9:45)-中沢山(10:00)-コンピラ山(10:1510:25)-大洞山(10:40)-大垂水峠(11:10)-小仏城山(12:1012:30)-一丁平(12:50)-高尾山(13:30)-琵琶滝(14:25)-高尾山口(14:45)

  少し白い雲があるが、大部分は青い空。こんな青い空を見るのは、何日ぶりだろうか。西の空には、真ん丸の月がまだ見えている。飯縄権現堂の丹沢展望台に寄る。下に津久井湖が見え、正面には大室山、蛭ヶ岳などの丹沢の山々、そして大室山の横に恥ずかしげに富士山がちょっとだけ顔を出している。背中に汗をかいてきた。服を濡らしたくないので、上に着ていた長袖を脱いで、半袖Tシャツ1枚になった。シモバシラ、ナンテンハギ、ミズヒキ、ヤブランなどの花が出てきた。発電所を過ぎて、山道になるとカシワバハグマやサラシナショウマ(別名試験管洗い)が出てきた。三沢峠で今日最初の一本を取る。じっとしていると半袖Tシャツ1枚では寒くなってくる。周りからはセミの声に替わって秋の虫の鳴き声が聞こえてきた。ベンチPへの登りかと思って一般道から離れて登っていったら、一つ手前のピークだった。少し行ってから今度は間違いなくベンチP9280036 Pへの登りに入る。ホウの実が落ちていた。ベンチPでこれから向かう高尾山を眺めて一般道に戻る。少し行くとツリフネソウの群生地。見晴台に着く頃には、富士山の前に雲が出始めてきた。大山の上の雲が厚いが、上空は相変わらず真っ青。中沢山の頂上には、聖觀世音菩薩が立っている。これを無視して頂上を巻いてしまうと怒られそうなので頂上に上がり、菩薩様に安全で楽しい山歩きができることを願って手を合わせた。しばらく花が見られなかったが、コンピラ山の近くでアザミが出てきた。さらにカシワバハグマ、シモバシラなども出てくる。大洞山の頂上には、アザミが群生していた。大洞山の先に、冬に沢山の氷の華が見られるところが有るが、そこに今はシモバシラの花が咲いていた。この花が冬には枯れて氷の華を作るのかと納得した。大垂水峠では高尾方向から自転車で上がってきた少年がいて、相模湖への行き方を聞かれた。自転車を見たらママチャリ。これで上がってきたのかと、びっくりし感心した。大垂水峠からしばらく上がると、シP9280105 モバシラが群生していた。冬にはここにも氷の華ができるのだろうか。それが途絶えた先ではキバナアサギリが見られた。面白い形をしたものが、地面から出てきていた。キノコ?もうすぐ小仏城山の頂上というところでワレモコウを、頂上ではゲンノショウコを見た。富士山はすっかり雲の中に隠れてしまった。丹沢の上の雲はさらに厚くなったような気がする。頂上にはハイカーがいっぱい。今日は平日だよなとカレンダーを確認してしまった。日が当たる場所で休んでいると、日射しが意外と強くて暑く感じる。朝、三沢峠ではじっとしていると寒かったのだがそれと大違い。小仏城山から一丁平に向かって少し下るとツリフネソウが群生していた。一丁平の展望デッキから見える丹沢は、モヤがかかってぼんやりとしてきてしまった。冬、斜面に氷の華が見られる山道に入ると、やはりシモバシラの花が咲いていて、再度納得。高尾山に上がる階段にかかると、P9280137_2 名前の分かる数少ないキノコ、ホコリタケが見られた。試しに押してみると、ホコリ(ではなくて胞子だそうだ)が飛び出してきた。高尾山の頂上は城山以上に人々々・・・。こんなところには居たくないので、早々に下り始める。下りは10日ほど前に歩いてホトトギスが続けて見られたみやま橋を通るコースを、まだ咲いているかなと行くことにした。なかなか出てこなくてもう終わっちゃったのかなと思う頃やっと一輪出てきた。その先で壊れかけたのが一輪、1号路と合流する直前で一輪。結局見られたのはそれだけだった。1号路に合流してから、琵琶滝に向かう道に入る。この道は急傾斜で岩がゴロゴロしていて歩き辛く、気を使って下る。琵琶滝からは沢に沿って進み、しばらくで車道に出て、高尾山口の駅へ。今回は前回の教訓でビールを飲み損なわないように、まず買ってからホームに上がった。電車の中で、秋の花が楽しめたことに、一人で乾杯をした。おいしかったです。
P9280017 P9280026 P9280035 P9280072 P9280073 P9280108 P9280113 P9280124_2 P9280133 P9280136

|

« 城山 2018.9.24 | トップページ | 野川~多摩川 2018.10.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 城山 2018.9.24 | トップページ | 野川~多摩川 2018.10.2 »