« 富士山三昧の忘年山行 2018.11.23~25 | トップページ | 忘年山行-3 2018.11.25 »

忘年山行ー2 2018.11.24

忘年山行の2日目は、本栖湖畔から竜ヶ岳に北西方向から上がり、青少年スポーツセンターへ(石仏ルート)を下った。竜ヶ岳の頂上では、逆光の富士山でちょっと物足りない眺めだったが、時間がたつに従って見える斜面の側に日が当たり出して、富士山の眺めを満喫しました。
Pb240057 Pb240060

○ 竜ヶ岳 2018.11.24(土) 晴

 本栖湖駐車場(6:25)-登山口(6:35)-石仏ルート合流(8:15)-竜ヶ岳(8:258:50)-東屋(9:3010:10)-車道(10:50)-本栖湖駐車場(11:00)=河口湖IC(12:10)=大月IC(12:40)=大峠

昨日の夜シュラフに入ってから、突然のように雨が降ってきてびっくりした。4時半頃キジで目が覚めたので、テントの外に出ると月明かりで明るかったので、しばらくで止んだようだ。朝、出発の準備をするために車に行ってみるとフロントガラスに着いた水が凍っていた。駐車場から車道を10分ほど歩いて登山口に着く。ここから階段になった山道を少し上がってから、急な斜面につけられたジグザグ道を上がるようになる。今日は初めから自然林の中の山道。少し葉を残している木Pb240051 もあるが、大部分の木はすっかり葉を落としている。木の間からだが、精進湖の上にガスがあってちょっと良い感じの雰囲気が眺められた。富士の裾野から、日が出てきた。今日は自然林の中なので日射しを浴びながら上がる。一気に体が暖まってきた。上空は、僅かに白い雲があるが、殆どが青い空で良い天気。早くも下りてくるパーティーがあったので、「早いですね。」と声をかけたら「日の出を見るために、早朝登った」という返事が戻ってきた。標高1,200mを越えた頃、雪が出てきた。昨晩の雨がこの高さでは雪になったようだ。暑く感じるようになってきたので、服を脱いだらその後日陰が続くようになってしまい、寒く感じるようになってしまった。傾斜が緩んで少し行くと、下る予定のスポーツセンターへのルート(標識には石仏ルートと書かれていた)と合流する。さらに少し行って竜ヶ岳の頂上に登り着いた。富士山が見えるが、逆光で物足りない眺め。南アルプスの山々はきれいに見えている。しばらく展望を楽しむ。冷たい風が吹いていて、寒さに耐えられなくなってきたので下ることにした。分岐まで下り、石仏ルートに入る。日が当たる斜面で、雪が溶け始めていて下は泥んこ状態になっている。こけると大変なので慎重に下る。前方に西湖、その先に三ツ峠、左には御坂の山を眺めながら下っていく。石仏ルートの名前の由来と思われるお堂に安置された石仏があった。ここまで楽しい山歩きができたことに感謝し、これからも楽しく安全な山歩きができることを願って手を合わせた。お堂の近くに東屋があり、そこでしばらく富士山のこちら側に日が当たって良い眺めになるのを待った。待った甲斐があって、きれいな富士山が眺められるようになった。東屋からしばらく下ると、人工林が出てきてさらに少し行くと登山口。車道を少し行って駐車場に戻った。明日は雁ヶ腹摺山に登る予定で、今晩の宿泊場所の大峠に向かった。大峠に向かう途中の道路に雪があることを心配したが、ここでは降らなかったのかあるいは南向きなので降った雪がすぐに溶けてしまったのか、全く見られなかった。
Pb240061 Pb240063 Pb240072 Pb240073

|

« 富士山三昧の忘年山行 2018.11.23~25 | トップページ | 忘年山行-3 2018.11.25 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士山三昧の忘年山行 2018.11.23~25 | トップページ | 忘年山行-3 2018.11.25 »