« 八ヶ岳・杣添尾根~横岳三叉峰 | トップページ | 大学ラグビー 2018.11.4 »

八ヶ岳・唐沢鉱泉~天狗岳 2018.10.28

同期会2日目の山は、八ヶ岳の唐沢鉱泉から天狗岳へ登りました。この日は前の日と打って変わって良い天気で、南アルプスなどの展望を楽しむことができました。
Pa280006 Pa280033

○ 八ヶ岳・唐沢鉱泉~天狗岳 2018.10.28(日) 晴

 唐沢鉱泉(6:25)-西尾根(7:30)-西天狗岳(9:409:55)-東天狗岳(10:1510:20)-中山峠分岐(10:35)-天狗の奥庭(11:10)-黒百合平(11:3511:45)-唐沢鉱泉(13:45)

 唐沢鉱泉の周辺は、カラ松が色づいていてきれい。今日は青空が広がっている。西天狗岳に向かう山道に入ったが、踏み跡がわかり辛くて、マーキングを頼りに上がっていく。周囲は針葉樹林帯、下は苔むしていていかにも北八ヶ岳の雰囲気。木の間から蓼科山が見えたが、日が当たっていて羨ましい。こちらも尾根に上がれば日向に出るかなと期待しながら上げる。やがて天狗岳に上がっていく西尾根に乗ったが、日向には出ない。しばらくして木の間越しながらやっと日射しが感じられる所に来た。下を見ると、地面がシモバシラで持ち上げられている。突然という感じで、木が低くなって展望が開けたところに出た。南アルプスの北岳、仙丈岳、甲斐駒ヶ岳等、そして中央アルプスなどが眺められた。少し上がると再び周囲の木が高くなって、展望が遮られる。しばらく上がると第1展望台という標識があって先ほどと同様の展望が楽しめた。2510m圏のピークを越えいったん下ってから、西天狗岳への最後の登りにかかる。上から何人もの登山者が降りてきて、すれ違いがしばらく大変だった。黒百合平に泊まった人達だったようで、黒百合ヒュッテの昨晩は賑やかで大変だったのではと思ってしまった。150m程の急傾斜の登りに喘いで西天狗岳の頂上へ。南アルプス、中央アルプス、御岳、北アルプスなどの展望を楽しむ。北アルプスは真っ白。北アルプスの稜線には雲がかかっていて山座同定がし辛い。頂上は泥んこ状態。足を取られてこけてしまい、尻餅をついてズボンや手を泥だらけにしてしまった。東天狗岳に登り返す。ここから見る赤岳や阿弥陀岳は何故か黒く見える。北方向には蓼科山、霧ヶ峰などが眺められる。東天狗岳からは黒百合平に向かう。急傾斜の痩せた岩尾根で気を使って下る。しばらくで中山峠に向かう尾根から離れる。大きな岩が積み重なったようなコースでかなり気を使って下っていく。天狗の奥庭と名付けられたところを進む。ちょっと油断して足を滑らしてしまい、足を痛めてしまった。かなり足を消耗してしまって、注意がおろそかになってしまったようだ。とにかく車が駐めてあるところまでなんとか歩かないと行けないので、痛みが治まるまで少し休んで、歩き始める。なんとかだましだまし、足がだまされ続けてくれることを願って歩く。黒百合平で一本を取り、少し落ち着いてきた。黒百合平からも大きな岩が積み重なったようなコースで、もう一度こけて足を痛めるとかなりやばいので、慎重に進む。唐沢鉱泉に近づくと歩きやすい道になり、黄葉をしたカラ松が楽しめ、かなり楽になった。足は最後までだまされ続けてくれて無事に駐車場に戻ることができた。唐沢鉱泉ではヒカリゴケが見られるということで、楽しみにしていたのだが、すっかり忘れてしまった。
Pa280003 Pa280004 Pa280010 Pa280011 Pa280012 Pa280014 Pa280025 Pa280027

|

« 八ヶ岳・杣添尾根~横岳三叉峰 | トップページ | 大学ラグビー 2018.11.4 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 八ヶ岳・杣添尾根~横岳三叉峰 | トップページ | 大学ラグビー 2018.11.4 »