« 大磯~平塚(ウオーキング) 2018.12.18 | トップページ | 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 »

境川~江の島~茅ヶ崎(ポタリング) 2018.12.21

2015年、2016年と2年続けて12月に境川から江の島にポタリングをしていたのだが、昨年(2017年)はしていない。久しぶりで川沿い、海沿いのポタリングをすることにしてきました。天気が良くて、気持ちの良いポタリングを楽しんできました。

エボシ岩
Dscn5270 Dscn5271 Dscn5266 

○ 境川~江ノ島~茅ヶ崎(ポタリング) 2018.12.20(金) 晴

 相原(7:30)-寿橋(7:40)-横浜線(8:30)-小田急線・町田(8:40)-R246(9:15)-相鉄線(9:35)-新幹線(9:55)-遊水地公園(10:2010:30)-R1(10:50)-東海道線(10:55)-江ノ島駅(11:2011:30)-江の島(11:4012:00)-サザンビーチ(12:55)-柳島(13:0513:10)-茅ヶ崎駅入口(13:20)-茅ヶ崎駅(13:30)

 今日は、予報ではしばらく続いた猛烈な寒さはないと言っていたが、さすがに朝早い時間では寒い。風を切っての下りが辛い。手足の先が、一気に冷たさから痛くなってきた。寿橋から境川沿いのサイクリングコースになる。上空を見上げると雲は見られず、真っ青な空。気持ちの良いポタリングが楽しめそうだ。左岸はダートの道だが日が当たっているので、そちら側を走る。泳いでいる鴨や、気持ちよさそうに飛んでいるサギが見られた。以前、何羽ものサギが集まって集会を開いているのを見たことがあるので、気をつけて進んだが、今日は集会は開かれていない。走り始めて1時間ほどすると、冷たさによる手足の先の痛みは解消されてきた。町田駅の近くで小田急線をくぐった頃には体がだいぶ温まってきたので、一本取ってダウンを脱いだ。手袋も薄いものに変えDscn5238_2 た。目黒の交差点近くでR246を渡る。その先で相鉄線にぶつかるが、そのままは進めず一旦川から離れて少し右方向に行って線路の下をくぐり、川沿いに戻る。大和では、自転車道と自動車道が一緒になることがあって気を使う。まだ黄葉が残っているイチョウがあり、思わず止まって眺め てしまった。新幹線をくぐった先で国道1号まで9.5Km、さらに少し行った先では海から15Kmと書かれた標識が出てきた。この先この標識が何度か出てくるが、標識に書かれた数字が減っていくのが励みになる。「ごみを捨てるな 藤沢市」と書かれた看板が見られたので、いつからか藤沢市に入ったようだ。以前富士山が見られたことがあったので、右方向をかなり注意したのだが、今日は見ることができなかった。川の中の杭に、サギと思われる鳥が何羽か並んでとまっていた。トイレのある遊水地公園で一本取る。この周辺ではサギが多く見られるようで、架かっている橋の名前が鷺舞橋Dscn5249 だった。そしてサギの種類の見分け方などを説明した看板が設置されていた。前の方に藤沢市民病院が見え出し、国道1号をくぐった。しばらくすると川沿いに進めなくなり、表の遊行通りに出た。東海道線のガードをくぐってからさらに少し行って、川沿いに戻る。やがて江の島のシンボルタワーになっている、江の島シーキャンドルが見え出した。カモメが群がっているのが見られ、海に近づいてきたようで、なんとなく潮の匂いを感じるようになった。やがて小田急線・片瀬江ノ島駅の駅前に出る。駅前のコンビニで昼飯を確保して江の島に向かう。江の島に渡って海を眺めながら、昼食を摂る。すぐ目の前では釣り人が釣り糸を垂れている。江の島は我が家から自転車で4時間超南に来ているので、さすがに暖かい。富士山がぼんやりと辛うじて形がわかる程度に見えている。片瀬の海岸に戻り、海岸に沿った自転車道路を茅ヶ崎方向に向かう。海には今日もサーファーが沢山。平日のこの時間にサーフィンが楽しめるのはどういう身分かなと思ったが、平日のこの時間にポタリングができるのはどういう身分かな?という問いが戻ってきそうなので聞くのはやめた。左に海、正面に富士山を眺めながらの気持ちの良いポタリング、という文章を用意していたのだが、今日の富士山はモヤの中でボンヤリ。丹沢や箱根の山もぼんやりとした眺め。天気が良すぎるということかなっていうのは、かなり贅沢?でも、青空の下、海沿いをポタリングするのは非常に気持ちが良い。路面を砂が覆っているところがあって、ハンドルを取られそうになるので慎重に進む。海の中にエボシ岩が見えている。夏には海水浴場になるサザンビーチを過ぎ、さらに少し行って海岸沿いのサイクリングコースの終点柳島へ。先ほど行った江の島が見えているが、ぼんやり。富士山も見えるはずだが、全く見えなくなってしまった。丹沢や箱根の山、三浦半島なども一応見えているが、モヤの中に辛うじて形がわかるという見えかた。ここから茅ヶ崎駅の入口まで戻って、茅ヶ崎駅へ。
Dscn5257 Dscn5262 境川河口
Dscn5242 Dscn5243_2 Dscn5247 Dscn5253 Dscn5251 Dscn5254

|

« 大磯~平塚(ウオーキング) 2018.12.18 | トップページ | 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大磯~平塚(ウオーキング) 2018.12.18 | トップページ | 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 »