« 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) | トップページ | 境川~江の島~茅ヶ崎(ポタリング) 2018.12.21 »

大磯~平塚(ウオーキング) 2018.12.18

毎月集まって飲み会をやっている定例会の忘年会。その前にお酒をおいしくするため、大磯から平塚へ歩いてきました。

○ 大磯~平塚(ウオーキング) 2018.12.18(火) 晴時々曇

 大磯駅からは平塚方向へ、旧東海道を進む。並木とはいかないが大きな松の木が何本かあったり、一里塚の跡などがあって、旧東海道の雰囲気。化粧坂という緩やかな坂があり、その途中に井戸があって、化粧井戸と呼ばれているようだ。化粧(けはい)と呼ぶ由来が書かれた説明板があった。それによると、鎌倉時代の大磯の中心は化粧坂の付近にあり、この近くに住んでいた当時の大磯の代表的女性“虎御前”がこの井戸水を汲んで化粧をしたのでこの名がついたといわれているそうだ。別の説明板には、“虎御前”は曾我兄弟とゆかりのある女性だと書かれていた。金目川を渡ったので、この川が平塚市との境かと思ったら、まだ大磯で、さらにいくと平塚市の標識が出てきた。何が境になっているのかよくわからない。平塚は宿場町だったということで、それに関わる案内板がいくつか設置されていた。八幡神社に参拝をし、その後“ひらつか八幡山の洋館”を訪ねた。ここは建築されてから100年ほど建っている建物で、元は海軍の火薬工場の敷地内にあった建物。戦後横浜ゴムに払い下げられ、保存のために15年程前に平塚市が譲り受けたということだ。次に訪ねた平塚市博物館では、“かながわの遺跡展 潮風と砂の考古学”というテーマの特別展示をしていた。ここでウオーキングは終わり。定例会・忘年会の会場に向かった。3時間以上歩いた後でのビール、お酒が大変おいしくて飲み過ぎてしまった。
Dscn5219 Dscn5223 Dscn5224 Dscn5225 Dscn5227 Dscn5228 Dscn5229

|

« 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) | トップページ | 境川~江の島~茅ヶ崎(ポタリング) 2018.12.21 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) | トップページ | 境川~江の島~茅ヶ崎(ポタリング) 2018.12.21 »