« モミジ | トップページ | 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) »

百蔵~扇山 2018.12.8

良い天気になると予報している。ということでどこに行こうかかなり迷って、富士山の眺めが楽しめる二つの山、百蔵山と扇山を歩いてきたのですが。

〇 百蔵山~扇山 2018.12.8(土) 曇

 猿橋(6:40)-福泉寺(7:15)-山道(7:357:40)-800.1(8:40)-907(9:05)-百蔵山(9:259:40)-宮谷分岐(10:25)-カンバノ頭(11:0011:10)-大久保山(11:45)-扇山(11:5512:30)-梨の木平・車道(13:20)-鳥沢(14:35)

  朝起きて外に出てみると、曇っているようで星が見えない。バイクに乗って駅まで出るのが、辛くなってきた。駅近くの電光掲示の温度計は、7℃だった。駅に早く着いて、予定より一本早い電車に乗れた。猿橋駅には、切符を受け取ってくれる駅員さんがいなかった。上空は雲があるが概ね青空。山には雲がかかっている。予報は晴れると言っていたので、山にかかっている雲もとれてくるだろうと期待。駅前からR20を東方向に少し行って桂川を渡り、中央自動車道の下をくぐる。登山口まで車道を行くが、車が結構とばして走っているので、気を使って歩く。福泉寺の前を過ぎて少し行くと百蔵山方向を示す標識が出てきたので、それに従って右方向に入る。ちょっと傾斜のある舗装道で、かなり体が温まってきた。舗装道が終わり山道に入る。その手前で衣類調整をして、長袖Tシャツ1枚になった。上空は雲に覆われてしまい、青空が見えなくなってしまった。今日は晴れると言っていたのに約束が違う!周囲を見回すと、殆ど常緑樹だが落葉樹も混じっていて落葉を踏みながら上がる。やがてお堂があって、中に火焔を背負った仏様が納められていた。拝火教から仏教に改宗した人が、拝火教を捨てきれなくて、火焔を背負った仏様を信仰していたということを習ったような気がする。天気が良くなること、安全な山歩きができることを願って手を合わせた。さらに少し上がると今度は赤い木のお堂が出てきた。中に熊野修験の木の札が納められていた。動物の糞が見られた。熊?念のため鈴を鳴らしながら歩くことにする。もう寝ていると、起こしてしまうことになるのかな?傾斜がきつくなってきた。掴まれということなのか、トラロープが張られていた。ちょうど雲の薄いところが太陽の下に来たようで薄日を感じたが、すぐになくなった。三角点のある800.1を過ぎるとしばらく傾斜が緩んだが、再び傾斜がきつくなってトラロープが出てきた。ホウの大きな葉が落ちている。実が落ちていないか捜してみたが、見つけられなかった。907のピークには百蔵山方向を示す標識があったが、そこに手書きで大同山と大洞山と書かれていた。どっちが正しい?前に百蔵山が見えだした。こことは100mの標高差のはずだが、かなり高く見える。この先で市営グランドから上がってくる道と合流した。松林の中の道を松の葉や松ぼっくりを踏みながら上がっていき、百蔵山に登り着く。上空は僅かに青い部分もあるが、大部分は灰色。富士山は影も形も見えない。がっかり。九鬼山から高取山への尾根は見えているが、その先にあるはずの御正体山や道志の山は雲の切れ間に僅かに見えているだけ。眺めはないし、じっとしていると寒くなってきたので頂上を後にする。頂上から先は殆どが落葉樹で、大部分の木は葉を落としている。少し行くと扇山まで2時間という標識があった。急な傾斜の下り。最近こけて痛い思いをすることが続いているので、気を使って下る。下りきった頃からヒノキ林になった。ヒノキの木の幹にプラスチック製のテープが巻かれている。虫除けかな。それとも何かのおまじない?宮谷への分岐を過ぎて登りになると後ろから来た若者2人のパーティーがすごい勢いで追い越していった。アップダウンを何度か繰り返す。カンバノ頭を過ぎて扇山への300m余の登りにかかる。そのための腹ごしらえをする。大久保山への登りは、山と高原地図には、長い登りと書いてあったが“急な”を加えて、長い急な登りと書いてほしい。というくらい、かなり消耗した。大久保山を越えて少し下り、鳥沢駅から上がってくる道と合流して扇山への最後の登りにかかる。30m程の登りだが、大久保山までの長い急な登りで消耗したので辛かった。百蔵山から扇山へ行く間かなりのハイカーとすれ違ったが、扇山の頂上にもかなりの人がいた。自分と同様、晴の予報を信じて富士山の眺めを楽しみに登ってきたのだろう。富士山の方向は相変わらず雲がべったりで眺めがないが、北方向は雲がなくなり権現山から西方向への尾根が見えだしたが、こちら側は木がいっぱいで眺めを楽しむことはできない。富士山の方向も雲が消えて眺めが出てくることを期待してしばらく待ってみたが、諦めて下ることにする。大久保山方向に戻り、コルから鳥沢方向に下る。かなりの急斜面をジグザグに下っていく。山の神社・奥宮祠が出てきて百蔵山で見たのと同じ熊野修験の木の札が納められていた。梨ノ木平からは車道を歩くようになる。この頃になって青空が広がってきた。道なりに歩いていったら、ゴルフ場の中に入っていってしまった。このロスがあったこともあって、鳥沢駅まで想定していたコースタイムよりだいぶオーバーしてしまった。

Pc080005 Pc080006















|

« モミジ | トップページ | 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モミジ | トップページ | 横浜水道道~相模川散策路(ポタリング) »