« 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 | トップページ | 眉山 2019.1.2 »

城山~葛城山~発端丈山 2018.12.30

新年、明けましておめでとうございます。今年も“低山をあじわう”をよろしくお願いします。
2019年の初ブログは、2018年納めの山歩きの報告です。
2018年納めの山は、家族が沼津で山を歩きたいと言うので、城山~葛城山~発端丈山をプランし歩いてきました。期待の富士山の眺めが十分に楽しめなかったのが残念。でも、南アルプスがよく眺められたので、良かったです。
Pc300018_2

〇 城山~葛城山~発端丈山 2018.12.30(日) 曇後晴

 大仁(7:35)-城山登山口(8:05)-分岐(8:40)-城山(8:559:05)-林道(9:30)-葛城山分岐(9:50)-葛城山(10:3010:50)-発端丈山(12:0012:25)-三津シーパラダイス(13:10)

  朝家を出て空を見上げると、雲で覆われている。北方向を見ると何故か富士山のところだけ雲が無くて、富士山がよく見えている。大仁で電車を降りると寒い!電車の中でダウンは脱いだが、それ以上脱ぐ勇気が出なかった。歩き始めて体が温まったら衣類調整をしようと、歩き始める。上空は青いところもあるが、雲が多い。でも雲の量は80%以下と思われるので気象的には晴なのだろう。家を出る直前に聞いた予報では、朝晩は曇だが、昼間は晴れると言っていた。信じよう。狩野川を渡り、しばらく車道を歩いて登山口に着く。ここから傾斜のある山道の登りになるが、なかなか体は温まってこない。この時間に岩場を登るクライマーは見られない。登山口に何台か車が駐車していたが、クライマーではないのかな。時間がたって暖かくなってから、登り始めるのかな。やがて城山と葛城山との分岐に着き、城山方向に向かう。葛城山方向からきて、城山方向に向かっているパーティーに出会った。しばらくで城山頂上に登り着いたが、分岐の付近で出会っPc300002 た人達がいない。まさか岩場に行った?空は殆ど雲に覆われてしまったが、富士山は頭だけ雲の上に出してくれている。まさに“頭を雲の上に出し♪”の歌のとおり。じっとしていると寒くなってきたので、頂上を後にした。分岐まで戻り、葛城山方向に向かう。常緑樹林帯の中の、尾根を巻いていく道で展望がなく、大きなアップダウンもなくて非常に単調。尾根の上を歩くほうが、楽しいと思うのだが。今日は藪尾根を歩くつもりはないので、おとなしく一般道の山道を行く。林道を渡った。車が何台もとまっている。ナンバーを見ると、大阪、習志野、相模など地元ではなく遠くからきている車が多い。やがて葛城山背面登山口の標識が出てきた。数年前に歩いたことがあるが、踏み跡が鮮明ではなくて、ルートファインディングが楽しめる道だが最後がかなり急傾斜。今日は連れがいるので敬遠して、背面からではなく、正面はロープウエイなので、横面から上がることにする。横面からの登り口への分岐から葛城山方向に向かう車道に出た。しばらく進むが、山方向に上がっていく道が出てこなくて心配になってきた頃、標識が出てきて山道に入る。かなりの急な斜面をしばらく上がり、電気柵をまたいでさらに少し上がって展望台がある葛城山の頂上に登り着いた。ここはロープウエイで上がってくるところなので観光地で、人が多い。この頃から青空が広がってきたが、富士山はすっかり雲の中に入ってしまった。南アルプスの前には雲がなく、聖岳、赤石岳、荒川岳などはきれいに見えている。沼津アルプスや箱根の駒ケ岳や神山などもよく見えている。分岐まで戻り、発端丈山に向かう。最後の標高差100m程の登りに喘いで今日最後のピーク、発端丈山へ。この頃からやっと上空は青空がいっぱいになってきた。朝晩は曇るが昼間は晴れるという予報どおり。さすが気象庁。晴れるという予報の休日なのに頂上は我々の独り占め。残念なのは富士山の前に相変わらず雲が纏わりついていて、姿を見せてくれないこと。南アルプスの周辺には雲が無く、青い空の下にしっかりと見えて、眺めを楽しませてくれる。大瀬崎や内浦湾など海の眺めも楽しませてくれる。振り返ると登ってきた葛城山や城山が眺められた。登っているときは暑いくらいだったが、頂上では少しだが冷たい風が感じられてひんやりとしてきた。三津への下りはかなりの急傾斜が続く。最近こけて痛い思いをすることが多いので気を使って下る。痛い思いをせず、無事に三津シーパラダイスのバス停に下りつくことができた。今日はここからバスに乗って帰ることができるので、ビールが飲めると思ったのにバス停の近くに売っている店がなくて、結局家まで我慢することになった。
Pc300006_2 Pc300008 Pc300013 Pc300016

|

« 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 | トップページ | 眉山 2019.1.2 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宮ヶ瀬(ウオーキング) 2018.12.25 | トップページ | 眉山 2019.1.2 »