« 朝の丹沢 | トップページ | 南高尾~高尾山 2019.2.10 »

生藤山~陣場山 2019.2.5

1月は風邪をひいてしまったり、学校のテストがあったりで全く山に行けませんでした。今回が2019年の初山です。生藤山へは山梨県側の石楯尾神社からは何度か上がっているが、GBに今まで歩いたことがない和田からのコースが紹介されていたので、そのコースを歩いてみました。富士山や南アルプの眺めが楽しみの山でしたが、1日中曇り空で全く姿を現してくれませんでした。

〇 生藤山~陣場山 2019.2.5(火) 曇

 和田(7:50)-鎌沢休憩所(8:35)-山道(8:40)-軍刀利神社(9:059:15)-佐野川峠(9:25)-甘草水(9:45)-三国山(10:05)-生藤山(10:1510:30)-茅丸(10:50)-連行峰(11:10)-山の神(11:35)-醍醐丸(12:0512:15)-和田峠(12:45)-陣場山(13:1013:25)-栃谷(14:05)-陣場山登山口(14:35)-日野BS(14:4515:00)=藤野(15:05)

  朝起きて外に出て空を見上げると、曇り空。予報をチェックすると晴の予報。気象庁が嘘をつくことはないだろうと安心して家を出る。駅近くの電光掲示の温度計は2℃を示していた。藤野駅からの、バスの客は自分一人だった。なんとなく気を使ってしまう。和田でバスを降りると、除雪をした時のものなのだろう、雪の山があった。上空は、青空もあるが雲が大部分。GBに従って、やさか茶屋の手前を左に入る。分岐があって迷ったが、広い道の方を進んだ。鎌沢を渡った先に生藤山山方向を示す標識があり、正しく来ていることが確認できた。茶畑が見られるが、かなり急な斜面の畑で作業が大変だろうなと、心配してしまった。ヘアピンカーブを曲がると、傾斜が急になった。“熊出没注意”という標識が出てきて熊鈴を出そうかと思ったが、熊は寝ている時期だP2050001 ろうから鈴を鳴らすと起こしてしまうかなと思いやめた。急傾斜の車道歩きがしばらく続く。やがて鎌沢休憩所が出てきた。さらに行くと、三国山、生藤山の登山口を示すかなり立派な石の標識が出てきた。立派過ぎる標識で、ちょっと場違いではと思ってしまった。すぐ近くにつぼみを付けたミツマタがあった。ここから山道になる。右側が人工林、左側が竹林になっている。しばらく上がると両側とも自然林になった。道端に雪が残っている。茶色になった花を付けた、アジサイの木が何本か見られた。ベンチが出てきて、休んで行けと誘われたが、もう少し行った軍刀利神社に参拝をして一本を取るつもりだったので、そのまま進んだ。やがて軍刀利神社に着いた。歩き始める時には見えていた青空がすっかり見えなくなってしまい、空は雲だらけになってしまった。お天道様に顔を出すように言って欲しいと、軍刀利神社の神様にお願いをした。そして安全で楽しい山歩きを願って参拝をした。願いが通じたのか、薄日が感じられるようになった。さらに上がった佐野川峠で、何度か歩いたことがある石楯尾神社からの道と合流する。峠からしばらく上がると山道から少し外れたところに甘草水という水場(GBには飲用不可と書いてある)があってその由緒を書いた看板があった。それによると、この水場は日本武尊の時代までさかのぼるようだ。人口樹林帯の中でわかり辛いが、日射しが感じられ青空が広がってきたようだ。やがて三国山に登り着く。西方向が開けて、権現山や扇山が見えた。富士山は見えない。一旦下って、急な斜面を登り返して生藤山の頂上へ。ここは木に囲まれていて展望はほとんどない。いずれにしても今日は雲があるので、展望はだめ。時折日射しが感じられるが、青空がなかなか広がってきてくれない。軍刀利の神様お願いします。上から白いものが落ちてきた。まさかと思ったが、すぐに止んでホッとした。ここには山名標識が2つあって、そこに書いてある標高が片方は990.6m、もう片方は990.3mとなっている。少し離れて立っているので、30cmの標高差があるのかな。下りは、岩混じりの急な斜面で慎重に下る。次のピーク茅丸には巻き道がつけられていたが、茅丸は今日のコースの最高峰。巻くわけにはいかない。しっかりとピークを踏んだ。南側の展望が開け、大きな山が見えたが、御正体山だろうか。次のピークは連行峰。数年前に歩いた万六ノ頭を通る柏木野からの尾根と合流する。北側の斜面には雪が見られる。正面に陣場山が見られるようになったが、まだ遠い。山の神様があったので、神様から雲にお天道様の前から退くように言って欲しいと、お願いをした。陣場山を正面に見ながら進むがなかなか近づいてくれない。醍醐丸の巻き道が出てきて、こちらを歩けと誘わP2050020 れたが、ピークハントをするからと断った。ピークハントに向かったものの、最後70m程の登りがかなり急傾斜でしょっぱかった。和田峠で、和田から上がってくる車道を横切り、今日最後の登り陣場山への160m程の登りにかかる。頂上に着いたら雲が一気に取れて展望が開けていることを願いながら木の階段を上がる。やがて頂上に登り着いたが願いはかなわなかった。今日一番の楽しみだった富士山、南アルプスの展望は結局だめ。丹沢も雲の中に入ってしまっている。少しもやっていて、クリアーではないが奥多摩の大岳山は眺められた。今日歩いてきた、生藤山からの尾根が見えているのは嬉しい。下りは栃谷への尾根を取る。栃谷の集落に入る手前で、ヒメオドリコソウを見た。藤野駅まで歩くつもりだったが、途中で車道歩きが嫌になってきたので、日野のバス停からバスに乗った。バス停のすぐ近くでは梅の花が咲いていた。
P2050002 P2050006 P2050008 P2050010 P2050015 P2050018

|

« 朝の丹沢 | トップページ | 南高尾~高尾山 2019.2.10 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝の丹沢 | トップページ | 南高尾~高尾山 2019.2.10 »