« 生藤山~陣場山 2019.2.5 | トップページ | 野川(ウオーキング) 2019.2.12 »

南高尾~高尾山 2019.2.10

前の日に雪が降った。雪の山道が歩けるかなと、取りあえず手軽に歩ける南高尾から高尾山への山道を歩いてきました。山道の上は、うっすらと雪が覆っているという感じで、雪の山道を歩くという感じではなかったが、白い富士山や丹沢が眺められて、満足した山歩きでした。
P2100004 P2100006 P2100031

〇 南高尾~城山~高尾山 2019.2.10(日) 晴

 都井沢(7:05)-城山発電所(7:507:55)-三沢峠(8:25)-ベンチP(9:05)-見晴台(9:25)-中沢山(9:35)-コンピラ山(9:5510:05)-大洞山(10:15)-大垂水峠(10:40)-城山(11:3511:55)-一丁平(12:10)-高尾山(12:45)-稲荷山(13:2013:25)-高尾山口(13:55)

  朝、新聞を取りに外に出て空を見上げると星が見えない。前回のように予報に裏切られたかと心配したが、歩き始める頃にはしっかり青空が見えた。都井沢から城山湖に上がっていく車道の上に雪は見えないが、凍結はしているようだ。丹沢の展望台に寄った。蛭ヶ岳、大室山などの丹沢の山はきれいに見えたが、大室山の横の富士山は前に雲があって、隠れている。城山湖の梅園は、木に雪が着いて白く見える中に、ピンク色が目立っている。少し離れているので確認できないが、紅梅かな。発電所に入ってすぐの道路の上は、真っ白だった。城山湖の散策道は、薄く雪に覆われているが、歩くのに影響は全くない。東京方向が開けているところがあり、高い塔が見えた。スカイツリーだろうか。三沢峠は、ベンチの上が雪に覆われていて座れない。雪をどけるのも面倒なので、立ったままお茶を飲んで、すぐに歩き始めた。雪の上に足跡がある。自分より早く歩いている人がいるのかと、ちょっとびっくり。反対方向から来たハイカーとすれ違った。こんな早い時間にP2100015 どこから歩き始めたのか、これもびっくり。ベンチPに上がっていく斜面の雪の上には足跡がなかった。丹沢の展望台で見た時に富士山の前にあった雲は、この頃には消えていて、富士山がしっかりと見えた。南アルプスも眺められた。傾斜のある雪道を滑らないように気を使って下る。見晴台では、富士山や丹沢を展望する。中沢山はいつものとおりピークに上がって石仏に安全で楽しい山歩きを願って、手を合わせた。トレイルランのランナー何人かとすれ違った。雪道をランニングシューズで走って滑らないのかと、余計な心配をしてしまった。いつものように、コンピラ山で、1回目の昼食を摂った。ここのベンチは雪をどけてくれてあって、そこを利用させて貰った。大洞山前後のシモバシラをよく見るところで、注意して歩いたが、見ることはできなかった。大垂水峠に下っていく斜面は、北向きのためだろうか、歩くのに影響があるほどではないが雪の量が多かった。大垂水峠を通るR20の車道には雪が全く見られなない。峠から城山に上がっていく山道には、南向きの斜面のためだろうか、しばらく雪が見られなかったが、峠から50m程上がると見られるようになってきた。太陽の下に、意地悪な雲が広がってきたのだろうか、日射しが弱く感じられるようになってきた。大平林道への分岐を過ぎると、城山頂上への標高差120m程の急傾斜の登りにかかる。太股が張ってきて、足がつってくるのかと心配になった。頂上までもう少しだから頑張れと気合いを入れて、なんとか無事に頂上に登り着いた。周囲が白い空になってしまってちょっと彩えないが、5日前の生藤山~陣場山では振られてしまった富士山が、今日は眺められる。嬉しい。毎日が日曜日の自分には関係ないが、世間は3連休のようで、3日間では今日だけ天気が良いという予報。そのためだろうか、頂上は人がいっぱいだった。城山からの下りでは、雪が踏み固められていて2~3度ツルッとして、危うくこけそうになった。一丁平の展望デッキからは、富士山や丹沢が眺められた。雪のないところは雪解けの泥んこ状態で、ズボンを汚してしまう。杉の木がだいぶ赤くなっている。もう花粉が飛び出す準備をしている。高尾山との鞍部からシモバシラが見られる道に入ってみたが、大洞山と同様こここでも全く見ることができなかった。今日の山歩きの楽しみの一つだったのだが、残念。高尾山の頂上からの富士山は、前に雲が出てきた。下りは稲荷山を通る、尾根どおしのコースを行く。雪は殆ど見られない。一応降ったが解けてしまったのだろう、泥んこ状態のところがあって気を使って高尾山口の駅まで下った。今日は駅からバイクに乗らなくて良いので、ビールが飲める。シモバシラが見られなかったのは残念だったが、富士山や丹沢などの眺めが楽しめたことに、一人で乾杯をした。駅前には、靴の泥を落として電車に乗って欲しいということなのだろう、水場にブラシが置いてあったが、人が多くて順番がなかなか廻ってきそうもないので、泥を付けたまま電車に乗ってしまった。すみません。
P2100011 P2100014_2 P2100021 P2100024

|

« 生藤山~陣場山 2019.2.5 | トップページ | 野川(ウオーキング) 2019.2.12 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生藤山~陣場山 2019.2.5 | トップページ | 野川(ウオーキング) 2019.2.12 »