« 白山 2019.3.20 | トップページ | 合掌造りの五箇山、白川郷 »

南高尾~高尾山 2019.3.24

そろそろ山の春の花が楽しめるかなと、高尾に行ってきました。特に日影でのアズマイチゲを期待したのですが、何故か花弁が閉じたアズマイチゲでした。

P3240013 P3240043 P3240095 P3240103

〇 南高尾~高尾山 2019.3.24(日) 晴

 都井沢(6:45)-城山発電所(7:30)-三沢峠(7:558:05)-ベンチP(8:40)-見晴台(8:55)-中沢山(9:10)-コンピラ山(9:259:35)-大洞山(9:45)-大垂水峠(10:05)-城山(11:0011:30)-一丁平(11:45)-高尾山(12:20)-日影BS(13:35)-R20(14:30)-高尾(14:45)

   朝新聞を取りに外に出ると、寒い。隣の家の屋根に霜が降りていた。今日最初に見た花は、都井沢から城山湖に上がる車道の脇に咲いていたホトケノザ。次がスミレ。スミレの花が出てきたら、ホトケノザは見られなくなってしまった。お互い、嫌い合っているのかな。丹沢の展望台に寄って丹沢を見る。雪はあるようだが、馬の雪形は見られるほど量は多くなさそう。道端の草が、霜で白くなっている。ヒメオドリコソウが集団で咲いているのが見られた。発電所はゲートが開いていた。シジュウカラが、 “気をつけて行ってこい”と言っているかのように、“ツツピーツツピー”と鳴いていた。それに続けて“ホーホケキョ”も声をかけてくれた。下を見ると、シモバシラが地面を持ち上げている。上を見上げるとキブシが咲いていた。発電所を過ぎて、山道に入っても、スミレが頻繁に出てくる。道から少し離れたところに、クサボケがあった。近づこうと思ったが、小さな木がガードするかのように生えていて近くに行けない。三沢峠で最初の一本を取る。空を見上げると真っ青。日射しがあること、1時間超歩いたことで体がかなり温まってきた。ちょっと寒いかなと思ったが、思い切って長袖Tシャツ1枚になった。マムシグサが鎌首を持ち上げていた。原則巻き道を行くことにしているが、お気に入りのベンチPはピークに上がる。入沢山と書かれた山名標識があった。初めてこのピークに上がったとき、蔓で作ったベンチが置かれていて、それが大変印象的だった。その時には、山名標識がなかったので、勝手にベンチPと呼ぶことにした。正面に見える高尾山にこれから行きますと、ご挨拶をした。見晴台からは富士山や丹沢の眺めが楽しめた。丹沢の展望台では、富士山は大室山の左側に見えたが、ここでは右側に移動している。中沢山も巻かずにピークの石の仏像にご挨拶をした。しばらく花が見られなかったが、中沢を過ぎて少し行くとスミレが見られた。露岩混じりの急な斜面が出てきたが、風の通り道になっているようで、冷たい風を感じた。コンピラ山、大洞山を越えて大垂水峠に一旦下る。峠越えをするサイクリストが何人も通っていった。自分も何十年も前にやったような気がする。峠からは人工林の中の単調な登り。キャンディーを口の中に入れてエネルギー補給をし、なめることで気を紛らわす。ここは南高尾から続いて、神奈川県と東京都との都県境になっている尾根だということを、今回地図を見て認識した。大平林道への分岐を過ぎて、最後100m程の登りにかかる。5月頃になるとキンランが見られるところで日当たりが良い坂なので、何か花が咲いていないかと周囲を注意して歩いたが、全く見られなかった。しばらく喘いで城山頂上に登り着く。ほぼ満開の桜(だと思う)がまず目に入った。富士山の方向に目をやると、真っ赤な花(梅かな~?)を前景にした富士山が絶景。満足。下には、三沢峠の手前では近づくことができなかった、クサボケを見ることができた。富士山や花の眺めを楽しみながら昼食を摂り、ちょっとノンビリとしてしまった。城山の頂上を後にして高尾山に向かう。一丁平の展望デッキでは、さすがこの時間ではちょっとモヤがかかってしまっているが、富士山、丹沢がよく見えている。高尾山までの間では、キブシが見られたが、草の花を見ることはできなかった。高尾山は天気の良い日曜日ということなのだろう。人々々・・・・・・・。早々に頂上から退散して日影に向かう道に入る。キャンプ場の近くで、カタクリを見た。ここで見るのは初めてのような気がする。日影林道に出てしばらく行くとニリンソウが咲いていた。今日一番の目的のアズマイチゲは1輪だけ見られたが、花弁が閉じてしまっていた。バス道路に出る手前にユニバーサルデザイン歩道というしゃれた名前の歩道があって以前その終点付近でハナネコノメを見た記憶があったので、行ってみたがだめだった。バス道路に出て、しばらく行き圏央道をくぐる手前で小仏川沿いの散策道に入った。梅園の梅の花はまだ十分に楽しめた。野草を保護しているエリアがあり、エンゴサクがたくさん咲いている。アズマイチゲもあったが、ここでも花弁が閉じてしまっていた。やがてR20に出て高尾駅へ。
P3240017 P3240020 P3240031 P3240035 P3240039 P3240046 P3240052 P3240059 P3240062 P3240073 P3240085 P3240118

|

« 白山 2019.3.20 | トップページ | 合掌造りの五箇山、白川郷 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白山 2019.3.20 | トップページ | 合掌造りの五箇山、白川郷 »