« 東高根森林公園 2019.3.8 | トップページ | 多摩川・桜(ポタリング) 2019.3.12 »

御坂・鬼ヶ岳~王岳 2019.3.9

SHOさんから、御坂の鬼ヶ岳南西尾根~鬼ヶ岳~鍵掛峠~王岳~西入川を歩こうというお誘いが来た。自分も山に行くつもりをしていたので、喜んで誘いに乗って歩いてきました。富士山三昧の山歩きを楽しんできました。
P3090055 P3090058 P3090068

〇 鬼ヶ岳~王岳 2019.3.9(土) 晴

 根場駐車場(5:456:10)-尾根(7:207:30)-雪頭ヶ岳(8:35)-鬼ヶ岳(9:009:10)-鍵掛峠(10:0510:15)-鍵掛(10:0510:15)-王岳(11:3011:40)-登山口(12:25)-根場駐車場(13:0013:30)

 河口湖ICで高速道路を下りて、根場に向かう途中車の車外の温度を示す温度計が、-1℃を示していた。根場の駐車場について外に出ると猛烈に寒い。歩き始めるときに、ダウンを脱ぐのにかなりの勇気がいた。富士山が眺められるが、早朝にもかかわらず、何となくぼんやりとしてしまっている。しばらく広い道を行き、堰堤広場から山道になる。しばらくヒノキ林の中を上がっていく。歩き始めて1時間ほどで、やっと体が温まってきた。やがてすっかり葉を落とした、カラマツ林に入った頃から、自分がいるところにも日が当たりだしてホッとする。さらにしばらく行って、尾根に乗った。日が当たりにくいところなのだろうか、小さな雪の塊が見られた。早くも下りてくる登山者に出会った。大きな三脚をザックにつけていたので、早朝の写真を撮りに上がったカメラマンのようだ。西方向に白い山が見えてきた。山の形から、南アルプスの聖岳のようだが1座しか見えないので、山座同定が難しい。尾根の北側を歩くようになり、登山道の上にも雪が出てきて、雪を踏んで歩くようになったが、取りあえず歩くのに影響はない。南アルプスの荒川、赤石が見えるようになり、先ほど見えた南アルプスの山は、聖岳だということが確認できた。秋に訪ねるとマツムシソウやウメバチソウなどの花が楽しめる雪頭ヶ岳に登りつく。当然今は、花は全くない。眺めは正面に富士山。真下に西湖、その左に河口湖その先に山中湖が見えている。南アルプスの方向は木があって、眺めを邪魔している。鬼ヶ岳に向かう下りが雪のある急な斜面で、ちょっと怖そう。こけるとかなりやばそうなので、アイゼンを着けた。アイゼンを着けるのは久しぶりで、かなり手間取ってしまった。雪の付いた急な斜面を慎重に下る。コルまで下りてから、梯子がある急な斜面を登って、鬼ヶ岳の頂上に登り着く。ちょっと強めの風を感じる。南からの風だが、冷たい。戻ってから聞いたニュースで春一番だと言っていたが、ここではそんな感じでは全くない。眺めはよい。正面に富士山。雪頭ヶ岳では見ることができなかった南アルプスは、甲斐駒ヶ岳から聖岳までほぼ全山見える。その右には八ヶ岳。冷たい風に耐えて、眺めをしばらく楽しんだ。耐えるのが限界になって先に進むことにする。下りは雪がべったりとついた急な斜面で、アイゼンがないとちょっと怖い。そこを過ぎると雪が無いところと、雪があるところが交互に出てくる。雪が有るところではアイゼンがあったほうが歩きやすいので、着けたまま進む。鍵掛峠山頂と書かれた標識が出てきた。峠山頂って?ここから進む王岳への尾根の上には、ここから見える範囲では雪は見られない、反対方向から来た登山者はアイゼンを着けていない、ということでアイゼンを外した。少し行くと鍵掛峠という標識が出てきた。地図に鍵掛と書かれたピークを過ぎると、小さなアップダウンを繰り返すようになる。左に富士山、正面に木の間からの南アルプスを眺めながら進む。北側の斜面には、雪が見られるが、尾根の上には殆どない。50mほど登り、傾斜が緩んでからさらに少し進んで王岳頂上へ。ここでも富士山が眺められる。今日は富士山三昧の山歩き。今日最後のピークで眺めを楽しんで、頂上を後にする。下りはかなりの急斜面だが雪は全くない。ぐんぐんと下って、やがて地図に登山口と書かれた地点に下り立つ。ここから舗装された道をしばらく進んで根場の駐車場に戻った。
P3090057 P3090074
P3090059 P3090061 P3090066 P3090067
P3090064

|

« 東高根森林公園 2019.3.8 | トップページ | 多摩川・桜(ポタリング) 2019.3.12 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東高根森林公園 2019.3.8 | トップページ | 多摩川・桜(ポタリング) 2019.3.12 »