« 横浜・四季の森公園 2019.7.13 | トップページ | 栗駒山・焼石岳 2019.7.21~22 »

混声合唱団コンサート 2019.7.15

仕事をしていた頃大変お世話になったReiさんから、彼女が所属している合唱団(市民混声合唱団)の定期演奏会があるから聴きに来ないかというお誘いがあったので、行ってきました。
Dscn5708

コンサートは4部構成になっていて、第1部は“古き良き時代を訪ねて~ルネサンス名曲集~”というタイトルで9曲聴かせてくれた。ルネサンスっていつ頃の時代だったのかすっかり忘れている。戻ってから調べると、15世紀から16世紀頃ということだった。指揮をされた方の解説によると、ルネサンスは合唱が盛んな時代だったそうだ。初めて聴く曲ばかりだったが、聴いていて楽しい気分になる曲で、合唱団の方々も楽しそうに歌っている感じだった。第2部は“九ちゃんが歌ったうた”ということで、“上を向いてあるこう”から始まって、“明日があるさ”“ともだち”“見上げてごらん夜の星を”“心の瞳”九ちゃんの歌を5曲聴かせてくれた。久しぶりで九ちゃんの歌を聴いたが、心を和ませてくれる。休憩を挟んで第3部は“森田花央里作品集”竹久夢二さんの詩に森田花央里さんが曲をつけた歌を5曲とRilkeの詩を森田さんが訳し、曲をつけた歌を1曲、森田さんのピアノ伴奏で聴かせてくれた。初めて聴く曲ばかりだった。そして第4部では“混声合唱とピアノのための「風の芍薬(ピオニア)”紫野京子さんが作詞し、寺島陸也さんが作曲した歌を、作曲をした寺島さんのピアノ伴奏で歌ってくれた。2016年の演奏会でも歌っているということで、その時私は聴きに来ているはずだが、全く覚えていなかった。アンコールで“ふるさと”を客席と一緒に歌って定期演奏会は終了した。終わっての感想。九ちゃんの歌の他にもプログラムに誰でも知っているポピュラーな曲を入れてくれると、もうちょっと楽しさが増したかな。Reiさん、合唱団の皆さん有り難うございました。

|

« 横浜・四季の森公園 2019.7.13 | トップページ | 栗駒山・焼石岳 2019.7.21~22 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜・四季の森公園 2019.7.13 | トップページ | 栗駒山・焼石岳 2019.7.21~22 »