« 南高尾~景信山~名王峠 2019.8.31 | トップページ | 相模川自然の村 2019.9.7 »

野川~多摩川~浅川(ポタリング) 2019.9.6

今日の天気予報は、所によりもなく、1日良い天気を保証していて、洗濯日和だといっている。自分にとっては、山日和、ポタリング日和です。モールトンをしばらく走らせていないので、野川~多摩川~浅川をポタリングしてきました。野川自然観察園では、ナンバンギセル、カリガネソウを楽しむことができました。
Dscn5733 Dscn5744

 

○ 野川~多摩川~浅川(ポタリング) 2019.9.6(金) 晴

 調布(10:05)-野川(10:20)-野川公園自然観察園(10:4511:20)-小金井街道(11:45)-多摩川・是政橋(12:20)-関戸橋(12:45)-浅川(12:55)-北野街道(13:55)-R16(14:05)-相原(14:30)

 記録を確認したらモールトンでのポタリングは、4月の初めに調布野草園や野川を走って以来。家から走り始めてすぐにギアの切り替えをしたら、チェーンが外れてしまうトラブル。先が心配。久しぶりで、駅での自転車の分割や、組み立てをかなりてこずるかなと思ったが、こちらは意外とすんなりできてホッとする。調布の駅は毎回のことだが、電車を降りてから駅の外まで自転車を担いで出るのが本当に大変。これもポDscn5713 タリングのうちだと思わないといけないですね。駅から少し行って武蔵境通りに出たところにあるコンビニで昼食を確保する。さらに少し行って、野川沿いの自転車道に入った。いつもは左岸を行くのだが、今日は何となく右岸を行くことにした。しばらく行くとシラサギが岸辺に立っていた。さらに行くと水車があった。先月初めに行ったイギリスのボートン・オン・ザ・ウォーターにも水車が有って、パンにするためのコーンを碾くためのものだったが、今はもうお仕事はしていないということだった。ここの水車は米を碾くのがお仕事だったのだろうか。当然今はもうお仕事はしていないだろうな。野川公園自然観察園での今日Dscn5737 のお目当ては、ナンバンギセルとカリガネソウ。カリガネソウは観察順路図を見ながら歩いて容易に見つけられたが、ナンバンギセルは、図に書いてある位置では見つけられない。他を歩いてから再度訪ねてみると、苦労してカメラに収めている方がいた。ススキなどに寄生する花なので、ススキなどの大きな茎・葉に隠れてしまっていて見つけるのが大変。なんとか隙間を見つけて観察をした。ガガイモも見つけた。小さい花なので注意しないと見落とす。その他フジカンゾウやミソハギが沢山。こちらは目立つ花なので見落とすことはない。野草を十分に楽しんで野川公園自然観察園を後にした。隣接する武蔵野公園の木陰にあるベンチをお借りして昼食を摂った。川沿いを自動車学校の先まで行って、野川を離れて小金井街道に入った。ここからは自動車と一緒に走ることになってかなり気を使わないといけなくなる。東京競馬場の前まで行く。今日はウイークデイで当然レースはやっていないので、静か。府中街道に出て是政橋で多摩川の自転車道に出た。関戸橋から先を大栗川を行くか、浅川を行くか関戸橋を渡るまでかなり迷った。是政橋から関戸橋まで短くなんとなく多摩川から離れ難くて、多摩川沿いをさらにしばらく行く浅川に行くことを選択した。今日はかなり気温が高いが、汗を意外とかいていない。風がちょっとあるからだろうか。ただ、風向きが前からになって、向かい風になると辛い。スーパーがあったので、アイスクリームを買って食べた。久しぶりの長い距離のポタリングになってちょっと辛くなってきたが、これで元気を取り戻せたような気がする。元気を取り戻して、湯殿川、兵衛川沿いを進み、東京造形大学への登りに喘ぐ。大学への入口を過ぎれば登りは終わりだと思い込んでいたが、その先もあった。やっと登り切ると下りになってしばらくは楽ちん。やがて相原駅へ。
Dscn5718Dscn5723Dscn5725Dscn5735Dscn5739Dscn5747

 

|

« 南高尾~景信山~名王峠 2019.8.31 | トップページ | 相模川自然の村 2019.9.7 »

ポタリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南高尾~景信山~名王峠 2019.8.31 | トップページ | 相模川自然の村 2019.9.7 »