« 東高根森林公園 2019.9.28 | トップページ | 荒船山 2019.10.6 »

霧ヶ峰・車山 2019.10.5

SHOさんと2人だけの、高校山岳部の同期会。山のプラン、宿の手配、食事の段取り等全てSHOさんがやってくれて、大感謝。心配なのは数日前から足が時々痛むこと。

1日目の山は、足の様子を確かめるということで、大きなアップダウンがない、霧ヶ峰の車山をプランしてくれた。
Pa050005 Pa050020 Pa050037

○ 霧ヶ峰・車山~八島湿原 2019.10.5(土)曇後晴

 車山肩(7:20)-車山(8:158:20)-車山乗越(8:45)-蝶々深山(9:15)-物見石(9:409:45)-八島湿原-沢渡(11:45)-車山肩(12:25)

 車山肩の駐車場に車を入れて、車を降りると寒い。半袖Tシャツの上に長袖とウインドブレーカーを着て歩き始める。周囲は濃いガスに覆われていて展望は全くない。車山に向かう幅の広い道を進んでいく。道の脇にマツムシソウが見られる。歩き始めるときは足の痛みがあってかなり不安だったが、しばらくすると温まってきたためだろうか、治まってくれた。歩くのに直接支障はないが、腕の痛みは治まってくれない。やがて車山頂上へ。ガスで展望は全くない。展望のない頂上に長居は無用と、早々に下る。リフトの乗り場の横を通り、車山高原との分岐を過ぎて車山乗越へ。この頃から日射しを感じるようになって、暖かくなってきた。蝶々深山には山名標識がなくてちょっと戸惑ったが、地図で確認できた。この頃には一気に暑くさえなってきて、半袖Tシャツ1枚になった。車山頂上にかかっているガスが時折とれて、頂上のドームが望めるようになる。中央アルプスが見えた。やがて物見石(標識は物見岩となっていた)へ。下に八島湿原が見える。八島湿原が見えるから物見石かな。ここからしばらく下り、Pa050049 鹿柵のゲートを過ぎて八島湿原のエリアに入る。何年か前の夏にここを歩いたときは、多くの花を楽しんだが、今の時期には花は見られない。草紅葉は始まったかなという感じ。この頃には青空が広がってきて、池や湿原を前景にした車山が良い感じで眺められた。鹿柵のゲートを越えて、八島湿原のエリアから出る。沢渡を過ぎると登るようになった。だいぶ上がったかなと思う頃振り返ると、湿原がかなり下に見えるようになり、その後に北アルプスの槍ヶ岳、穂高岳が見えた。さらに上がると車山の頂上、その左に蓼科山が見えるようになる。朝歩き始めた頃は寒くて濃いガスに覆われていたのに、今は暑くなり、展望も良くなった。170m程の登りに喘ぎ、車山肩の駐車場に戻った。肩から車で少し行くと八ヶ岳の展望台があって、ほぼ全山が見えた。そしてうっすらとだが、富士山が眺められた。

Pa050006 Pa050008 Pa050011 Pa050015 Pa050025 Pa050029 Pa050031 Pa050044

|

« 東高根森林公園 2019.9.28 | トップページ | 荒船山 2019.10.6 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東高根森林公園 2019.9.28 | トップページ | 荒船山 2019.10.6 »