« 高尾山東側尾根 2020.3.13 | トップページ | 北公園 2020.3.22 »

南山 2020.3.18

歩く会での山歩き。鳥居原から往復3時間程度の山歩きで、ちょっと足に不安があったが、なんとかなるかなで参加させてもらった。天気が良く、無事にそして楽しく歩くことができました。丹沢の眺めが楽しめました。

Img_1817 Img_1818

○ 鳥居原~南山 2020.3.18(水) 晴

 鳥居原(9:009:10)-登山口(9:20)-鉄塔(9:55~10:00)-権現山(10:2010:35)-南山(10:5511:45)-権現山(12:05)-鉄塔(12:2012:25)-登山口(12:50)-鳥居原(13:0013:20)=鳥屋・福寿草の群生地

 鳥居原ふれあいの館の駐車場に車を駐める。北岸道路をしばらく行った南山の登山口から山道に入る。見上げると花を付けた木があった。フサザクラだと同行の方が教えてくれた。この山道はヒルが多いようで、気をつけろという看板と、ヒルよけの薬の容器が置いてあった。さすがに、まだそのシーズンではないだろう。しばらく急な斜面の登りが続き、最初からしごかれる。ツツピーツツピーが聞こえてきた。右側の木の間から宮ヶ瀬湖を見ながら進む。高圧線の鉄塔が出てきた。東方向が開けて宮ヶ瀬湖が見える。この先は風の通り道になっているのか、キブシの花が激しく揺れている。キジ場があってさらに少し行くと権現山(権現平)に登り着く。ここは展望台になっていて、宮ヶ瀬湖やその上の山が展望できる。しばらく展望を楽しんで南山に向かう。周囲には新芽を出し始めた木、新芽を出す準備をしている木が見られる。やがて着いた南山は、丹沢の展望台。何日か前に、我が家周辺にも雪が降ったが、その時に降った雪なのだろう、かなり白くなっている。大山、多分塔の岳、丹沢山、そして蛭ヶ岳と黍殻山、焼山へと続く尾根が見えている。さらに丹沢の前衛の山、仏果山など。そして下には宮ヶ瀬湖。贅沢な眺めを楽しみながら、昼食を摂った。鉄塔の付近を通ったときに感じた風は、ここでは全く感じない。まさに快晴無風。記念写真を撮り、上がってきたハイカーにこの眺めを譲って南山山頂を後にする。上ってきたコースを下る。上ってくるときには気がつかなかったが、高圧線鉄塔の付近では左右両側に宮ヶ瀬湖が見える。そして咲き始めたばかりのボケの花を見た。鳥居原まで一気に下ってしまった。10日程前に福寿草を見に来たときには開いていなかったふれあいの館が、今日は食堂を除いて開いていた。ここではコロナウイルスの影響が少なくなったのかな。帰りは鳥屋地域センターの前の、福寿草群生地に寄った。まだ頑張って残ってくれていた。もうすぐ咲きそうなカタクリがあった。
Img_1808 Img_1830 Img_1827 Img_1829 Img_1825 Img_1832 Img_1811 Img_1815 Img_1824

|

« 高尾山東側尾根 2020.3.13 | トップページ | 北公園 2020.3.22 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高尾山東側尾根 2020.3.13 | トップページ | 北公園 2020.3.22 »