« 相模原北公園(ウオーキング) 2020.2.25 | トップページ | 鹿沼公園 2020.2.29 »

弘法山 2020.2.27

富士山の眺めを期待して弘法山を歩いてきました。久しぶりで約3時間の山歩きでしたが、無事に歩くことができました。富士山の眺めも期待どおりでした。

Img_1550 Img_1539 Img_1548

○ 弘法山 2020.2.27(木)晴

 秦野(7:40)-登山口(8:00)-浅間山(8:30)-権現山(8:409:00)-弘法山(9:309:40)-善波峠(10:05)-吾妻山(10:35)-鶴巻温泉(10:55)

 秦野駅でストレッチをと思ったが、久しぶりでスムースにできなかった。水無川に沿ってしばらく進む。桜の木があって花を付けていた。突Img_1531 き当たりで左折し金目川を渡った先に弘法山公園入口と書かれた大きな標識が出てきたのでそれに従う。鶴巻温泉まで5.6kmと書かれていた。階段状の急斜面の登りに、最初からしごかれる。足の痛みは今のところ大丈夫。右(西)方向を何気なく見ると、木の間越しに富士山が見えた。権現山での展望が期待できそう。スミレの花が咲いているのを見てちょっとビックリ。西方向が開けている広場が出てきて、富士山がきれいに見えた。さらに少し上がったピークには浅間山と書かれた大きな標識が立っていた。少し下ると自動車道が出てきてそこに立っていた標識に権現山まで0.2kmと書かれていたが、かなり急斜面の登りで5kmくらい歩いたのと同じエネルギーを使ったような気がする。権現山の頂上には展望台があって、呼吸はまだ整っていなかったが、頑張って上がってみた。急な斜面を辛い思いをして登ってきたご褒美をもらった。すごい富士山の眺めに圧倒された。そして富士山の右には丹沢の大山や塔の岳、左には箱根外輪山の矢倉岳、金時山、内輪山の神Img_1560山、駒ヶ岳などが眺められる。展望図によると南方向の相模灘の先には吾妻山で見た利島や伊豆大島などがここからも見えるようだが、海方向は靄ってしまっていて、今日は残念ながら見ることはできない。いつまでも展望を楽しんでいたかったが、そういう訳にはいかず、先に進むことにす る。少し下ると桜が咲いていた。ツツジが咲き始めていたビックリ。ヒイラギナンテンも見られた。今年はこの花を見る機会が多い。ちょっとボンヤリだが、江ノ島が見えた。このコースは地元の方々の散歩コースになっているのか、軽装で歩いている人と出会う。弘法山には弘法大師をまつったお堂があったので素晴らしい富士山の眺めが楽しめたことに感謝をし、これから先も安全で楽しく歩けることを願って手を合わせた。“弘法の乳の水”というのがあったので何かご利益があるかなと口に含んでみた。この水の謂われを書いた石碑があったので読み始めたが、長くて最後まで読めなかった。弘法山からしばらく行くと風の通り道になっているようで、冷たい風を感じる。予報で、北からのちょっと強い冷たい風が吹くと言っていたような気がする。善波峠で、大山の南尾根からの山道と合流する。何度か歩いた道で。両側とも木に囲まれた尾根道で南方向には木の間から相模湾の海、東海大学などが見える。やがて吾妻神社と書かれた石碑が建つ吾妻山に着いた。木に囲まれたピークで展望がないので頂上を確認だけして先に進む。やがて車道に出て旅館街を通って鶴巻温泉の駅に着いた。歩くのに障害となるような痛みが出ることはなく、スムースに歩けてホッとした。

 Img_1541 Img_1543 Img_1551 Img_1557 Img_1561 Img_1566

|

« 相模原北公園(ウオーキング) 2020.2.25 | トップページ | 鹿沼公園 2020.2.29 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相模原北公園(ウオーキング) 2020.2.25 | トップページ | 鹿沼公園 2020.2.29 »