« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2020.6.18 | トップページ | 相模川自然の村(ウオーキング) 2020.6.23 »

穴川紫陽花道~城山湖散策路 2020.6.20

穴川に沿って紫陽花があって、ちょうど見頃かなと思って、歩いてきました。紫陽花道を過ぎると池があって、睡蓮が咲いていました。
Img_3830 Img_3835 Img_3837 Img_3841 Img_3845 Img_3853

○ 穴川紫陽花道~城山湖散策路 2020.6.20(土) 晴

 穴川紫陽花道(9:50)-城山湖散策路入口(11:05)-花さき休憩所(11:2011:35)-草戸山(11:50)-榎窪山(12:20)-峯の薬師(12:3512:50)-中沢(13:10)

 今日は穴川沿いの、紫陽花が咲く道を行く。ほぼ見頃の紫陽花の花が続いている。川に沿って何色もの花が見られて、楽しく歩ける。北公園の紫陽花園とは違った雰囲気。紫陽花の花が途切れると自然ふれあい水路入口という看板が出てきて、水路に沿った道になる。しばらく行くと池が出てきて、水面に睡蓮の花が浮いていた。「バンジ谷戸保全地」と書かれた看板が立っていた。バンジ谷戸って何だろうと思って戻ってから調べると、神奈川県の条例があって、それによって指定され里山里地を保全されている地域だそうだ。バンジ谷戸というのはこの地域の固有名詞なのかな。何年か前にはここからさらに先に進んで、城山湖まで行った記憶があるのでそのまま進んだが踏み跡が怪しくなり、消えてしまった。沢どうしに強引に行けば行けるかなとも思ったが、藪漕ぎをするのも疲れるなと思い、諦めて戻ることにした。下を見ると、ジャノヒゲが咲いていた。水路の入口まで戻り、車道を行くことにした。合歓木の花が見られた。テイカズラと思われる花びらが沢山落ちている。上を見上げたが、どこら落ちてきたのか分からない。道端は、ツユクサやドクダミが一杯咲いている。やがて着いた散策路の入口から城山湖に一旦下りる。ダムの先から階段を上がるとキノコが沢山見られた。キノコには弱いので、何というキノコか全く分からない。食べられるのかどうかも分からなくて残念。バジャノヒゲが何箇所かで見られた。しばらく花は見られなくなってしまった。やがて草戸山へ。天気が良い週末だが人が少ない。まだ外出を自粛している人が多いのかな。まだ咲き始めたばかりのオカトラノオが見られた。今日の最高峰の榎窪山(420m)を越えて峯の薬師に向かう。薬師如来さんに、健康でいられることを願ってお参りをした。峯の薬師からは、中沢に向かって下る。ホタルブクロがまだ残っていた。ゴールの近くで、八重のドクダミを見た。
Img_3855 Img_3857 Img_3858 Img_3865 Img_3868 Img_3883 Img_3902

|

« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2020.6.18 | トップページ | 相模川自然の村(ウオーキング) 2020.6.23 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾根緑道~境川(ポタリング) 2020.6.18 | トップページ | 相模川自然の村(ウオーキング) 2020.6.23 »