« 相模川自然の村 2020.12.1 | トップページ | 鹿沼公園の紅葉 2020.12.8 »

草戸山~大戸緑地~境川源流 2020.12.4

大戸緑地の紅葉はどんな感じか確認をしたいと、歩いてきました。

Img_5684 Img_5692 Img_5704

○ 草戸山~大戸緑地~境川源流 2020.12.4(金)晴

 金刀比羅宮参道口(8:35)-評議原(9:10)-本沢ダム(9:35)-草戸山(9:55)-草戸峠(10:0510:15)-段木入のおか(10:4510:55)-権現平(11:0511:20)-段木入広場(11:35)-境川源流(12:15)-草戸山(12:30)-本沢ダム(12:50)-コミュニティー広場(13:1013:20)

 秋の花(コウヤボウキだと思う)がすっかり冬の姿になっていた。秋の間花を楽しませてくれたが、冬の姿も楽しませてくれる。評議原のモミジは、見頃をちょっと過ぎてしまったようだが、でもまだ十分に楽しめる。まだ頑張っているアザミの花が見られた。城山湖畔に下りると対岸に色づいた木が見られて、良い眺め。草戸山頂上の、山の神様に楽しいそして安全な山歩きを願って参拝をした。草戸峠で高尾山を眺めながら一本取る。Img_5707 ここから眺める高尾山は、針葉樹林で覆われていて、紅葉は点々。段木入のおかへの尾根道は、右側は人工樹林だが、左側が自然林で紅葉した木が見られる。段木入のおかには展望図があって、それと眺めを見較べると、東京都庁が見えてその先に塔が見えているがそれがスカイツリーのようだ。権現平に立っていた標識に、北に向かう方向に恋地と書かれていた。ちょっと魅力的な名前。ここで昼食を摂ったがじっとしていると寒いので、食べ終わってすぐに歩き始めた。池のある段木入広場の今頃の様子はどうなのか行ってみたが、何もなくてガッカリ。この先どうしようか迷ったが、時間も体力も余裕があるので境川源流に行ってみることにした。何年か前に境川沿いを江の島までウオーキングしたことがある。その際源流から歩こうと来たが、前の年に豪雨が続いて源流への道が崩れてしまって行けなかったことがあったという曰く付きの場所。大地沢青少年センターの中に入り、標識に従って進む。最後急な斜面を上がっていくと、“境川源流” と書かれた標識が出てきた。源流といいながら水の流れは見られない。水が多い時期には流れているのだろうか。さらに上がって、城山湖の散策路に出る。少し上がって草戸山の頂上に着く。山の神様に、楽しく山歩きが出来たことにお礼をして手を合わせた。城山湖畔に下りると日射しがたっぷりで非常に暖かい。コミュニティー広場もやはり日射しが一杯だったが、風を感じてちょっと寒く感じる。温かい飲み物が欲しくなって、自動販売機を見ると缶のお汁粉があった。どんな物なのだろうかと、買ってしまった。甘くておいしかった。

Img_5687 Img_5706 Img_5713 Img_5719 Img_5723 Img_5727

 

|

« 相模川自然の村 2020.12.1 | トップページ | 鹿沼公園の紅葉 2020.12.8 »

山行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相模川自然の村 2020.12.1 | トップページ | 鹿沼公園の紅葉 2020.12.8 »