« 北公園の梅 2021.1.18 | トップページ | 丹沢の雪と三椏 2021.1.25 »

七国峠 2021.1.14

冬の七国峠遊歩道をウオーキングして、大日如来さんに新年のご挨拶をしてきました。

Img_6149 Img_6157 Img_6143

○ 七国峠遊歩道 2021.1.14(木) 晴

 権現堂(9:309:35)-小松(10:05)-相原十字路・遊歩道入口(10:50)-大日堂(11:1511:35)-七国峠(11:40)-車道(12:35)-中央公園(13:1513:55)-相原十字路(14:10)-原宿(14:30)

 一昨日降った雪が、丹沢ではどうだったかなと思って、丹沢の展望台に寄った。蛭ヶ岳頂上のすぐ下など白っぽく見えるところが何箇所か見られたが、雪だろうか。境川沿いの歩道を行くと、川の中にシラサギと鴨が見られた。境川上流域のこのエリアで見るのは初めてのような気がする。近くで見ようと寄っていったら、シラサギは飛んで行ってしまった。下流の方に向かってしばらく進むと、シラサギがいた。飛んで行ってしまった鳥がここへ来たのかな。七国峠遊歩道への入口で振り返ると、靄ってちょっとボンヤリしているが、富士山が見えた。前回は見落とした馬頭観世音の石碑を確認した。大きな銀杏の木があって、秋にここを通ったときはきれいな黄葉を見せてくれたが、当然だが今はすっかり葉を落としている。中央公園のグランドの横を通りさらに進んで大日堂への急斜面の階段を上がる。かなりの急斜面で、喘ぐ。大日如来さんに、今年も何度か訪れるのでよろしくとお願いしますと新年のご挨拶をし、コロナに感染することなく健康で山歩き、ウオーキング、ポタリングが出来ることを願ってお参りをした。ここからは、八王子市と町田市の市境になっている尾根を歩く。落葉樹はすっかり葉を落としている。見上げると葉を落とした枝の先に真っ青な空が見える。地図に絶景マークが付けられているところからは、奥多摩の大岳山が望めた。やがて東京造形大学から相原駅に向かう車道に出る。そのまま駅に行ってしまうのはちょっと物足りないかなと思って、しばらく駅方向に行ってから踏切を渡って畑の中の歩道に入った。この周辺は、平安時代に瓦や須恵器を焼いた窯が有ったところだそうで、その案内板が設置されていた。やがて丸山団地に入った。中央公園に直接行く道が地図に載っているが、見つけられず一旦表の道路に出て中央公園に向かった。中央公園でしばらく休んでから、大きな銀杏の木がある、七国峠遊歩道への入口に戻った。

Img_6122 Img_6123 Img_6126 Img_6133 Img_6138 Img_6141 Img_6145 Img_6150 Img_6154

 

|

« 北公園の梅 2021.1.18 | トップページ | 丹沢の雪と三椏 2021.1.25 »

ウオーキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北公園の梅 2021.1.18 | トップページ | 丹沢の雪と三椏 2021.1.25 »